FISHERMAN

2011/06/01

宮城県・塩釜港

大震災復興初出港記念タラジギング大会

塩釜港遊漁船・海友丸前で大会参加者全員 

 

コメント

3月11日の大震災から2ヵ月半、宮城県塩釜港は、初出港の日を迎えた。

大漁旗をなびかせ多くの遊漁船が港を後に釣りに向う。

港復興は容易ではなかったはずだ。陸に伸上った船を海に浮かべ整備する。

岸壁の治し、浮遊物や海底の残骸を撤去する。

言うのは簡単だが、多くの地道な労力が無ければ、この日は来ないのだ。

“たかが釣り、されど釣り”

ぼくにとって、東北の人の明るさと粘りと強さに感動した大会になった。

F・スズキ

 

主催 菊田釣センター仙台

 

ソルトワールド誌7月15日発売号 連載“海道釣紀”に掲載予定